空手 教室 近所

スポンサードリンク


家からの距離は近いほうが良い

何かと家から近いほうが安心ですし便利ですが、特に空手は家から近い道場のほうが良いです。プールなどの習い事は一週間スクールが開いていることが多いですが、空手の場合先生の都合で曜日が決まっていることが多く、学校の後や休日に通うのが難しくなってしまいます。

 

私が通っていた道場は近くのスポーツセンターを借りて教室を開いていました。毎週木・金・日が稽古の日なのですが、木曜日は学校の体育館を借りていたので通うのがとても難しく、週に2回しか通えませんでした。

 

また、年に数回大会があります。型を披露して採点してもらったり、組手の試合で賞状がもらえたりします。こういった大会は他の教室の人達と合同で行うので、家から遠い教室だとそういったイベントにも参加できなくなってしまい非常にもったいないです。

 

家から近ければ学校終わりに子供一人で通うこともできますし、親の負担も減りますよね。同じ学校の子と一緒に通うことで友達も増えるのでやっぱり知り合いが多い近い道場が良いと思います。

 

どの習い事でもそうですが、学校が終わってからの習い事は時間が遅くなってしまうので心配ですよね。家から近いほうが安心ですし、迎えに行くのも楽です。

 

家から近いほうが長く続く

私が空手を長く続けられたのは家から近かったからというのがとても大きいです。家から5分位の距離なので学校が終わってすぐに自転車で通っていましたが、もしこれがバスや電車なら絶対に続きませんでした。

 

実はプール教室にも通っていたのですが、こっちはバスで行くのでとても面倒くさく、1年でやめてしまいました。やっぱり近いほうが子供も楽ですし、稽古が終わってからテレビを見たりゆっくりご飯が食べられるので長く続けるためにはなるべく負担を減らすべきだと思います。

 

また、休みの日の稽古で遠出しなければならない場合、せっかくの日曜日が移動で潰れてしまいますよね。休みが少なくなれば当然やる気は減りますし、これが原因ですぐにやめてしまうかもしれないので、せっかくやる気になったのであれば近場の道場を選ぶことをおすすめします。

スポンサードリンク