子供 空手 嫌がる

スポンサードリンク


空手に行くのを嫌がります

よくある質問の一つなのですが、空手を続けるうちにだんだん行くのが嫌になってしまうことがあります。実を言うと私もそのうちの一人で、だんだん飽きてきてしまい行くのが嫌になってしまいました。

 

サッカーや野球は基礎も練習しますが、練習試合などいろいろなバリエーションがあり、習っているのが楽しいですが、空手はひたすら基礎を繰り返し、型は自主練なので飽きてしまうんですよね。例えば楽器なら何かの曲が弾けるようになったり、楽譜が読めるようになるなど目に見えてステップアップしていきます。

 

また、サッカーならドリブルの技術や無回転シュートなど、わかりやすい目標がありその目標に向かって練習を積み重ねていきます。しかし空手はどうでしょう。わかりやすい目標といえば黒帯を取ることぐらいで、型は1度覚えてしまえば大きな変化はありません。それをひたすら続けていくわけですから、子供はとても辛く面倒に感じてしまいます。

 

また、級が上がったからといって自分が強くなった実感があるかといえばそうでもないですよね。後々考えれば確実に上達していますし、強くなってはいるのですが、披露する場もなくなんのためにやっているのかが分からなくなるんです。

 

でも、これが忍耐力なんですよね。辛い修行に耐えて耐えて耐えぬいたからこそ大人になった時に忍耐力が身についていたり、自分を守るための護身術が身についていたりします。空手は未来への投資なのかもしれません。それを子供に教えるのはとても難しいですし、理解できるとは思えません。そのためか、黒帯になる前に辞めてしまう人はとても多いです。私の友人たちも黒帯になる前に辞めてしまいました。茶色帯になる前に辞めてしまった人もいます。

 

空手を続けることの辛さを知っている私からすると、辞めさせてあげるのも悪くないのかなと思います。ただ、嫌でも続けていれば必ずどこかで役に立ちますし、せっかく続けてきたのであれば途中でやめてしまうのはとても勿体無いと思います。

 

友人たちと話をした時に空手の話題になることがあるのですが、あの時辞めなければよかったと言ってる人が大半ですね。最低でも黒帯はとっておけばよかったとみんな言っています。ですから、子供が辞めたいと言ったら最低でも黒帯だけは取らせるべきだと私は考えます。それがひとつの区切りになりますし、目標を達成することで続けたいと思うかもしれないからです。

 

スポンサードリンク