子供 空手 親子

スポンサードリンク


親も一緒に習うメリット

子供が習うからといって親も一緒に入門するケースは割と多い印象を受けます。子供を側で見守ってあげられますし、一緒に鍛えることでコミュニケーションにもなります。

 

同じ目標や目的に向かって努力しあうのは良いことですし、親子で一緒に何かをすることって一生のうちに少ししかないので、習い事を一緒に行うのはある意味理想なのかもしれません。

 

親御さんはダイエットを目的として通うことも多いようです。運動不足になりやすい生活を送っているのであればそれも立派な目的の一つですよね。

 

親子で空手を始めると、組手の練習を自宅で行えたり、ミット打ちを効果的に練習することができます。お父さんが一緒に習ってあげれば自宅で攻撃を受けてあげたり、的確なアドバイスをあげることができます。はじめはどちらも初心者ですが、明らかに親のほうが成長スピードは早いですから、体の使い方を本格的に覚えさせるなら一緒に習うのは非常に効果的です。

 

親子で同じ習い事をするデメリット

メリットもあれば当然、デメリットもあります。

 

親子で習い事をすると、どうしても親が子供の態度を気にして怒ったり、言い合いになってしまうんですよね。それがきっかけで大きな喧嘩になってしまったという話も聞きますし、せっかく仲良く始めた習い事なのに関係が悪化することもあるようです。

 

先生は叱らなくても親として叱ってしまったり、あまりにも情けなくて家に帰ってから怒ってしまうこともあると知り合いの親が言ってました。家族が常に一緒にいるというのも考えものなのかもしれませんね。

 

私の通っていた道場では、同じ年代の子が親と一緒に空手を習っていましたが、かなり仲は良さそうでした。稽古の最中もちょこちょこ会話しながら稽古していて、とても良い雰囲気だったのを覚えています。もし親子で一緒に習い事を始めるのであれば、空手の最中だけは親子ではなく同じ道場生として関係を築いていくのも良さそうです。

 

スポンサードリンク