子供 空手 上達

スポンサードリンク


子供でも上達する?

本人がしっかりと空手の稽古に取り組んでいれば確実に上達します。私は自分の意思で空手をやりたいと言って習わせてもらったので、ちゃんと最後までやり遂げましたし、自分でやりたいと言ったのでちゃんと上達しました。

 

習い事は親が子供に「こうなってほしいから」と習わせることが多いですが、それではあまり身にならないかもしれません。しかし、きっかけがないと何事も始まらないので、まずは子供が興味をもつかどうか、実際に見学に行ってみましょう。

 

それで続けられそうと思ったら初めて見るのが良いです。続けているうちに自然に上達する部分もあれば、全く変化しない部分もあります。例えば、空手は精神鍛錬や礼儀作法を学ぶ良い機会になりますが、それを実際に使いこなすかどうかは本人次第です。

 

知識としては培われても、それを普段の生活に活かせなければ空手を習った意味はありませんよね?これと同じで力の使い方を学んでも本人が自覚しなければ空手で得た力を良くない方向に使ってしまうこともあるのです。

 

空手の技術という意味では続けていれば必ず上達します。しかし、技術ではない精神的な部分は結局のところ本人や家族、普段の生活で形成されていくので、空手一つでどうにかなる問題ではありません。

 

子供の身になる空手

お金を払って習い事をさせる以上、職業になるならないは別として、やはりある程度のレベルまでは上達して欲しいですよね。空手は特に難しい技術がないので続けていれば必ず上達するので安心してください。

 

人を傷つけるために使う力を修得するわけではありませんが、例として出すなら喧嘩にはまず負けないほど強くなることもできます。素人と空手を習っている子では、やはり力の使い方や体の動き、体幹や基礎が全く違います。戦うため、自分の身を守るために毎週鍛錬しているわけですから、やはり何もしていない子とは大きな差があります。

 

そういった部分でもそうですし、周りの人と同じ行動を取る(集団行動)、辛いことを我慢する(忍耐力)は空手を通じて確実に身についていきます。空手は普段の生活でも使えることが盛りだくさんですから、子供に習わせるのはとても大きな意味があります。

スポンサードリンク