空手 教室 費用

スポンサードリンク


空手の月謝

空手の月謝はだいたい月3000円〜5000円ぐらいが多いですね。入会の時は登録料や入会料としてプラス数千円かかりますが、それ以外は基本的に月謝のみです。

 

空手に必要な道具

  • 道着
  • 組手用の防具

 

まず必要なのは道着です。これがなければ始まりません。入会することが決まったらすぐに道着を受け取れます。道着のサイズは細かく指定できないので、いくつかのサイズから選ぶ形になります。はじめは大きめの道着を選ぶようにしますが、裾を踏んだら危険なので折り曲げて着ます。

 

はじめは白帯からスタートになりますが、白帯は道着に付帯するので帯代は必要ありません。ただし、進級して帯の色が変わる際に購入するなら帯の料金が必要になりますが、ほとんどの場合はレンタルになります。黒帯は名前が入るので購入することになりますが、それまではレンタルで良いと思います。私も茶色帯まではレンタルでした。

 

レンタル料金がいくらぐらいになるのかは道場によるのでわかりませんが、私の道場では500円でした。500円で進級するまでずっと借りられるので、レンタルで十分です。

 

組手用の防具は最初は必要ありません。高学年になって本格的に組手を練習するようになると購入が勧められます。ヘルメット、グローブ、銅に着用する防具の3つが基本のセットになり、全部で1万円ぐらいかかる場合があります。安い買い物ではありませんが、自分専用の防具になるので長続きしているなら購入するのが良いと思います。

 

空手の先生を職業にしているところは高い

自分の道場を構え、空手の先生を収入のメインとしている道場はかなり高いです。一方、学校の体育館や公民館、スポーツセンターなどを借りているところは比較的安く、リーズナブルな料金になっていることが多いです。本格的に空手を習わせたいなら高いところのほうが良いのかな?と思うかもしれませんが、あまりかわりません。

 

月謝が高いほうが設備が充実していたり、空手の理解を深めやすいというのがありますが、子供の空手ならまずそこまでする必要はないですね。基礎を学ぶだけならどこの道場で学ぶかよりも、どんな先生から学ぶか?のほうが重要です。

スポンサードリンク