子供 空手 強くなる

スポンサードリンク


空手を習うことでメンタルが鍛えられる

空手を習うことで精神的にも肉体的にも強くなることができます。メンタルが弱い子供を鍛えるには空手はうってつけです。

 

どの武道でも礼儀作法やメンタルは鍛えられますが、空手は特に「自分を鍛える」ことに向いています。柔道や少林寺拳法は相手を倒すことに特化しますが、空手(剛柔流)は身を守ることをメインに考えられているので、子供の頃の弱い精神力や忍耐力を鍛えるのには最適ですね。

 

また、空手は級や段を上げていったり、型をより磨くために精進していきます。周りの子達と競い合うことも多くなるので、闘争心が鍛えられます。なので、精神力を鍛えたい、すぐに泣く子供を強くしたいという目的で子どもと一緒に見学に来る親御さんは非常に多いです。

 

ただし、空手を習い始めたからといって必ず強い子供になるとは限りません。組手を通して負けることの悔しさを知ったり、進級して喜んだりすることを年々重ねていくことで強い精神力が身についていきます。とにかく続けること。これが第一です。

 

礼儀作法を学べる

礼儀作法を学ぶといえば武道ですよね。礼に始まり礼に終わり、挨拶もしっかり行います。準備運動の前と後には必ず正座で礼をしますし、1日の練習が終わると正座で黙祷をします。こういった一つ一つの動作を地道に重ねることで、自然と挨拶ができるようになります。

 

すべてを空手に押し付けるのは間違い

空手に子どもの教育をすべて押し付ける親御さんがいますが、それは間違いです。私の通っている道場でも師範に言いがかりをつける人がいましたが、結局空手で教わるのは礼儀作法の基礎であり、実用的な礼儀作法を教えるのは親であることは忘れないで下さい。

 

また、最初は何も変わっていないように思えても、数年経つと少しずつ積もったものが大きくなっていき、気がつけばしっかりと芯のある子どもに成長しているはずです。思い返してみると私もそうでしたし、周りの子供達もそうでした。

 

厳しいことを書きましたが・・・

厳しいことを書きましたが、空手を通して成長していくのは事実です。精神面が強くなるのもそうですが、特に礼儀作法が身につくのが大きいです。大人になった今でも空手で培った礼儀は生きていますし、これからも使う場面は多いです。

 

他のスポーツもいくつか習ったことがありますが、やはりいちばん大きいのは空手でしたね。やりすぎというほど礼や挨拶をしてきたので、礼儀作法は嫌でも身につきました。

 

親御さんからすると、強い子供に育ってほしいのだと思いますが、あまり期待しすぎずにとにかく続けさせるようにしてみてください。続けることで忍耐力と精神力は確実に鍛えられます。

スポンサードリンク